Auto Translation into English(Imperfection)
ナトフェミン誕生物語 いちぜん会は(株)ナビオの前身です。

[HOME]

ある出来事
 いちぜん会のオーナーは、1999年から低用量避妊薬(ピル)に関するWeb Pageを開設しています。ピルは女性の人生の質を高めてくれる薬だと考えており、その立場から情報提供しています。ピルには副作用もありますが、メリットに比べれば小さいものです。
 低用量ピルになって、副作用のリスクは大幅に低減されました。しかし、わずかな確率ながら重篤な副作用の危険も残っています。ピル服用者では、血栓症が1万人につき最大1.8人現れます(日本人では、もっと低い確率になると考えられています。実際、ピルを服用して血栓症になった方を知りませんでした)。
 ところが2000年春、視力の低下があるとの相談を受けました。その方はすぐに病院で診察を受け、検査も繰り返しました。血栓との関係はないだろうとの診断結果だったようですが、ピルの服用が関係していなかったかと今でも気になっています。
納豆への注目
 この一件は、私にとって衝撃的な事でした。低い確率ながら血栓症が起きる、そしてそれをどうすることもできない。いろんな方に相談しましたが、ほとんど起きないことで気にしなくて良いのではという事でした。しばらくたった2000年6月末、視力低下の一件についてお話ししていた眼科の先生から、論文のコピーが送られてきました。その論文は、西村慶子ほか「納豆食が奏効したと思われる切迫期網膜中心静脈閉塞症の1例」(眼科臨床医報88、1994)でした。実をいえば、私は健康食品の類をあまり信じていませんでした。しかし、この論文を読んでナットウキナーゼにがぜん注目するようになりました。
 私はナットウキナーゼについて書かれた論文を次から次に読んでいきました。そして、ピルユーザーだけでなく女性の健康な一生のために、納豆は有益な食品であると確信するようになりました。
納豆との格闘
 納豆は子どもの頃、食べさせられた記憶があります。でも、どうしても好きになれませんでした。というよりも、食べることができませんでした。以来、納豆を口にしたことも、手にしたこともなかったのです。「大人になった今なら、食べれるかもしれない。」意を決して納豆を買ってきました。おそるおそる匂いをかいでみました。匂いは思っていたほどではありません。「よし、これならいける。」ご飯にかけて食べてみることにしました。口に入れてみると、・・・。子どもの頃の記憶がよみがえりました。やはり、どうしても食べることができないのです。
 匂いを気にせずに納豆を食べる方法をあれこれと試してみました。加熱すると納豆の匂いは弱まりますが、ナットウキナーゼ活性は弱まります。そこで私が考えたのは、匂いのない「納豆ジュース」作りでした。そこそこのものはできましたが、長続きしません。
ナットウキナーゼ粉末
 納豆との格闘を見かねた家族が、ナットウキナーゼを含む健康食品を買ってきてくれました。これはほぼ苦にならずに飲むことができました。「これはいいものがある。」私はさっそく海外の友人にも送りました。ところが、海外の友人は匂いが気持ち悪いというのです。ほのかににおう程度ですが、納豆を全く知らない外国人には耐えられないもののようでした。 
 純粋なナットウキナーゼを抽出すれば、匂いはなくなります。友人には「純粋なナットウキナーゼを送る」と返事しました。ところが、純粋なナットウキナーゼは市販されていませんでした。「どうしてなんだろう?」答えはすぐにわかりました。コストがかかりすぎるのです。 
 ナットウキナーゼの粉末を低コストで作れないか?方々に打診してみても、需要がないのではなど取り合ってもらえません。でも、私の熱意に負けた?人たちで、やっと国際チームが作られました。
豚が嫌がる?
 プロジェクトはナットウ菌の研究から生産工程の研究まで、同時並行で進められました。実は納豆作りについては素人ばかりです。1年を目標に始めたプロジェクトでしたが、みんなが不眠不休で取り組んでくれたおかげで意外に早く良い結果が得られました。 
 このプロジェクトで作られた納豆は、膨大な量に上ります。その納豆がどうなったかというと、実は豚君のお食事になりました。きっと、豚君も食べ飽きたのではないかと思います。
信念と興味
 豚君には迷惑をかけましたが、ナットウキナーゼを含む健康食品ができあがりました。2001年6月にナトフェミンとして発売されます。 
 私は、もともとはピルユーザーが安心してピルを飲めるようにとの思いからナトフェミンを作ろうと思いました。ピルユーザーとくに日本のピルユーザーは、誇張された副作用情報によって必要以上の恐怖感を持っていることが少なくありません。デメリットがあるから避けるというのもひとつの考えです。私は、「デメリットがあるならそれを克服していけばよい」、と考えます。ピルユーザーにとって、飲み忘れも大敵です。ピルとナトフェミンの服用時間をずらせば、飲み忘れのチェックにも役立てることができます。 
 私はピルユーザーのためのサプリを作りたいと考えていました。でも、それだけでは、ナトフェミンは誕生しなかったでしょう。納豆菌に興味を持つ人、エコノミー症候群に興味のある人、骨粗鬆症に興味のある人、治療薬の開発に興味のある人など、それぞれがそれぞれの関心でプロジェクトに参加しました。 ナットウキナーゼという酵素についての興味と関心が、このプロジェクトの推進力でした。 
 ナットウキナーゼの抽出に成功して、プロジェクトは一段落しました。しかし、それは終わりではなく、新たな出発の始まりともいえます。
その後−−迷走?の始まり
 ナトフェミンの発売準備は、着々と進んでいました。
ところが、2001年6月にナトフェミンは発売されませんでした。
いちぜん会が高活性のナットウキナーゼを開発したことは、
食品関係の業界誌に簡単に紹介されました。
秘密にしていたわけではありませんが、
その詳細は須見教授など一部の人しか知らないことでした。
にもかかわらず、いちぜん会にはナットウキナーゼ粉末を販売してほしいとの
引き合いが来るようになっていました。
その中には、海外販売のお話もありました。
「日照の少ない北欧では骨粗しょう症が深刻な問題になっている。」
「開発途上国では、血栓治療薬ウロキナーゼは高価で使えない。」
いちぜん会は、急きょナトフェミンの発売を延期し、
海外販売を優先することにしました。
といっても、それは開発のやり直しに近いものでした。
ナットウキナーゼの活性をさらに高め、
ビタミンK2の適量化を図る研究が続けられました。
せっせとサンプル出荷を続ける内に、
脆弱なベンチャー企業に莫大な赤字の山ができあがりました。
しかし迷走のおかげで?、ナットウキナーゼは22,000FUの超高活性となり、
ヨーロッパの女性に喜ばれる製品が発売されることになりました。
「納豆キナーゼ ナトフェミン」の発売
 予定より1年遅れましたが、2002年6月にナトフェミンは発売されました。
いちぜん会は、世界の人々とりわけ女性の人生が、
健康で輝かしいものであることをいつも願っています。
開発余談「ビール論議」
 ナットウキナーゼ開発の途中で「ビール論議」がありました。
この「ビール論議」は、いちぜん会のナットウキナーゼ開発の方針を方向づけました。
いちぜん会では純度の高いナットウキナーゼ開発に取り組んでいました。
ところが、この方針に疑義が出されました。
発端は酸に弱いというナットウキナーゼの性質でした。
これをどのように克服するか、議論と実験が重ねられました。
その中で持ち上がったのが、「ビール論議」です。

「ビールにはアルコールが入っているからビールなのかい?」
「ん?」
「ナットウキナーゼを抽出しようとしているけど、
それはビールからアルコールを抽出するようなものじゃないだろうか?
ビールから抽出したアルコールは、ワインから抽出したアルコールや日本酒から抽出したアルコールと変わりないじゃないか。何か間違っているんでは?」
「う〜ん。それだったらビールを飲んでいればいいということになるね。」

以下の議論は省略しますが、この「ビール議論」を通していちぜん会のナットウキナーゼ開発の方向は大きく変わりました。
ビールから水分だけを除くと「超濃縮ビール」ができます。
とはいってもそれは理論上の話で、実際には難しいし需要もないでしょう。
では、「超濃縮納豆」はどうか?
無謀にも、いちぜん会は「超濃縮納豆」の開発に取り組むことにしたのです。
開発は、ゼロから再スタートを切ることになりました。
「超濃縮納豆」の開発は、「超濃縮ビール」よりも難しいのです。
市販の納豆には約60パーセントの水分が含まれています。
納豆から水分を取り除くと乾燥納豆になりますが、
これを「超濃縮納豆」ということはできません。
納豆の固形分の中から納豆の納豆らしい物質だけを選択的に抽出してはじめて、
「超濃縮納豆」といえるのです。
このように書くと簡単そうですが、実際はそれほど簡単ではありません。
敢えてこの難しい課題に取り組んだおかげで、
酸にも比較的強いナットウキナーゼ含有粉末を開発することができました。参照(ナビオ製ナットウキナーゼ粉末の特徴) 参照(胃が胃酸で溶けないワケ)

 

HOME