私にとってのピル−ピルユーザーの体験(1)
ピルとのつきあい方
 ピルユーザーの広場  ピルとのつきあい方HOME

当サイト旧バージョンのコンテンツ「rurikoへのお便り −−私にとってのピル」です。
新編では改題しましたが、旧題にそった投稿は単なる体験談ではなく、
まさに「私にとってのピル」という内容になっています。
ご投稿受付中です。

メニュー

 お世話になりました。  みつこ様 ?歳 (?)
 「もっと自分を大切にしてくれ・・・」と。  まぶ様 32歳 (東京)
 医者 ≠ 先生  さつき様 25歳 デザイナー
 赤ちゃんの為にも自分の為にも  ゆり様 18歳 フリーター
 赤ちゃんは、私達二人の準備がちゃんと整ってから  海様 23歳 フリーター
 娘が年頃になったら、  星子様 30歳 家事手伝い
 とても自然な事だった  Koko様 24歳 会社員
 ピルを選択するまで  あやこ様 21歳 学生 
 天国の赤ちゃんの為にも  ふみえ様 24歳
 私たちの年代だからこそ  いちごベイビ様 18歳 高校生
 あんなに心配してたのに  なつみ様 26歳 会社員
 私の恋愛と学び:ピルとは自己責任  ピーコ様 33歳 

以下はこちらです。
 私にとってのピル  よし様 年齢28歳 教員
 PMSで苦しんでいました  RIE(仮名)様 年齢25歳 四国
 安心して彼を受け入れたい RIE(仮名)様 年齢25歳 四国
 生命の不思議  ? ?歳 (?)
 彼の過去と私の生理不順  花様(HN) 年齢28歳 大阪府 会社経営
 二人の準備ができるまで  こいけ様
 ピルを始めて良好♪  ここな様
 自分で選んだこと  TAIGA様 25歳 埼玉県 会社員
 がっくり体験  じゅんじゅん様 30歳 会社員
 迷っていたけれど まこ様 32歳 主婦









お世話になりました。  みつこ様 ?歳 (?)

変な件名だと思われる方もいると思います。
でもこのHPで、ピルに関する様々な情報を入手することができ、以前から一言お礼が言いたかったのです。

というのは、もう一年以上前になりますが…彼とのSEXではいつも手軽なコンドームを使うようにしていました。そんなある日、事件は起こったのです。そう、コンドームが破れてしまったのでした。そのときはいわゆる「危険日」であったため、本当に怖かったのを覚えています。

そのときに、ふと頭に浮かんだのが「ピル」でした。私の友人が医薬関係の仕事をしていて、「緊急避妊にピルを使うことがある」と言っていたのを思い出したのです。

それからはいろんなサイトを検索し、「緊急避妊法」についての知識を詰め込みました。「できるだけ早く」ということでしたので、その日のうちに病院へ…。
服用後2,3時間経過した頃と、二回目の服用後、数時間後にものすごく気分が悪くなった&目眩がしたのを覚えています。

しかし、おかげさまで最悪の事態を招かずにすみました。
それからはピル(私はトリキュラー28)を愛用しています。私にとって、低用量ピルは気分が悪くなる等のマイナス要因はありません。

このページ上へ

「もっと自分を大切にしてくれ・・・」と。  まぶ様 32歳 (東京)

rurikoさん、はじめまして。
私は今回からピル服用を始めたばかりのビギナーユーザーです。
現在ようやく1シート目を飲み終わり、
明日(もう今日ですね^^;)から休薬期間に入り、消退出血を待つ所です。
今年初め頃から「ピルを飲んでみようかな〜」と考え始め(コンドームでの避妊に失敗した不安からというのも大きなきっかけです)
様々な情報を集め勉強しましたが、
やっぱりrurikoさんのHPほど、詳しく丁寧でわかりやすい所はありませんでした。
そして今回ようやく安心して服用を始めることができました。
本当に感謝しています。
今の所若干吐き気が見られるものの、
他にはとりわけ大きな副作用もなく順調に飲み続けています♪
ちなみに服用前に診てもらった病院と、
服用後の病院が変わったので(東京への大距離の引っ越しだったため)、
新しい病院でも(服用開始後でしたが)念の為もう一度詳しい検査をして頂きました。
(前の病院では会社の健康診断結果と問診のみで服用OKと言われていたのですが、今後の定期検査も受けたいし、一応今からでも詳しい検査もして貰った方が安心ですし)
結果は全く異常なし! の優良児(?)と言われました(笑)

実は私は、17歳の時に「思わぬ妊娠」→「中絶」、
という今でもつらく苦い出来事を体験しました。
そのせいもあるのか、現在も時々情緒不安定になったり、
また元々生理不順であったのが更にひどくなった気さえします。
1ヶ月に2回来たかと思えば何ヶ月もこなかったり、
不正出血が止まらなくなったり。。。
(おかげで婦人科は10代の頃から私にとってはそんなに敷居の高い所という意識はなくなりましたが)
しかもそんな体験をし、さらにそんな状態でありながら、
20代の頃はコンドームでの避妊でさえしたりしなかったり(いわゆる膣外射精)・・・と、
今思うととても危険なことをしていたんだ・・・と反省しきりです。   
現在の彼氏(今は事情があって距離を置いていますがゆくゆくはお互い結婚を考えてる人)に会って初めて避妊について真剣に話し合うことができました。
彼の方がどちらかといえば避妊に積極的で(知識も付き合った当時の私よりあったし)
最初の頃はかなり叱られました(苦笑)
「万が一の事があって一番傷つくのはお前なんだぞ、もっと自分を大切にしてくれ・・・」と。
でも、その彼ですら最初はピルに関しては消極的でした。
私が必死に説明して説得しているうちに、
最近ではだんだん理解を示してくれるようになりました。
今度、彼にも「ピルとのつきあい方」を一緒に見て貰って、
二人でもっともっとこれからも勉強&理解していこうと思っています♪

私自身、過去に悲しい思いをしたわけですが、
これだけ情報が溢れている今現在においても、
まだまだ「避妊」そして「ピル」に関しての
無知・偏見・間違った情報・認識の甘さ、等々が目立つように思います。
これまでの私もそうでした。そして私の周りにもまだ沢山います。
そういった方々へ、自分の経験が少しでも何かのお役に立てるとすれば、それは願ってもない事です。
これからも頑張ってください^^


このページ上へ

医者 ≠ 先生  さつき様 25歳 デザイナー

はじめまして。
25歳のデザイナーです。
rurikoさんのHPを読んであまりの感動で全ページプリントアウトしてしまいました。

私は19歳の時、産みたかったのですが中絶手術をしました。
当時の彼とは別れ、今の彼と長く付き合っているのですが、正直セックスが全く楽しいものではありませんでした。仕事がうまくいっているので、妊娠で辞めるのがイヤということ、そして妊娠により彼の態度が豹変してしまうのではないかという不安が強くありました。
過去の妊娠がコンドームをしていた時のことなので、避妊率の高いピルに興味はあったものの、副作用が恐ろしいと噂されていたのでずっと躊躇していました。
ピルを使用している女性がたまにいると、「やりまん」的な言われ方をされていたのも気になりました。

でも、このHPを知って勇気がでたんです。
本来活発な私なのに、生理や妊娠の話題になると俯いているのが馬鹿らしく思えてきたんです。それで今日の朝一番にインターネットでピルを得意と謳っていた婦人科に行ってきました。

が、驚きました!!!!

いきなりSTDのリスト(14の病気)を見せられ、全部検査してからでないと処方できないと言われたんです。そしてピルさえ飲めばいいだなんて考えが甘いと言うんです。私もさすがにムカついて「性病はコンドームをしないと防げないというのは常識だと思います」と言いました。すると医師は「彼氏がソープに隠れて行ってないとはいいきれないだろう?いつもゴムをしていたってペロペロ舐められたり、しゃぶっても病気は移るんだぞ」と言ったんです!
本当、キチガイじゃないかと思いましたよ。
そして検査料は5万円だそうです。無論、帰りました。
日本ではピル反対の医者が多いとrurikoさんも書いてらっしゃいましたが、これ程までに最悪な医者にあたってしまうとは災難でした。

気分をとりなおし、自宅に帰って色々な婦人科に電話をかけ、検査方法や価格を問い合わせてみたらまたビックリ!
診察なくすぐ処方の3千円から、上記の5万円までの振り幅がありました。
近所の婦人科が初回受診時費用が5千円だったので再度チャレンジ。
問診票は簡単なものでしたが、診察室では煙草についてや服用に際してのリスク、持病や薬の飲みあわせ等の説明を受け、処方をしてもらいました。先生は低用量ピルをもらいに来る患者は月にまだ一桁しかいないけれど、現代の女性にとって必要不可欠なモノだと言っていました。そして、ピルほど世界で実績のある薬はないというのに今頃になって解禁だなんて日本の医学会の思想は50年遅れているとも言っていました。先ほどのクリニックでは色情狂のような扱いを受けて
いたので、この穏やかな対応が、涙が出る程嬉しかったです。

とにかく、これでようやく私のピル生活が始められることとなりました。
まだ体質に合うかどうかは分からないけれど、今後妊娠の不安や生理痛から解放されるんだと思うと感無量です。

周りに何を言われても、自分の道は自分で選んでいきたい!!
きっかけを、本当にありがとうございました。


このページ上へ

赤ちゃんの為にも自分の為にも  ゆり様 18歳 フリーター

こんにちわ。
私は18歳で今はフリーターをしています。
こないだからちょくちょくこのサイトに来ては少しずつ読ませてもらっています。
最初は難しそうだしちゃんと私に理解できるかな?と思いましたが
深く読み始めると段々興味が湧いてきて今ではほとんどのページを全部読むことができました(^-^)

私もこれからピルを服用しようと思っています。
飲もうと思ったキッカケは・・・・妊娠・中絶・・・と言う経験からです。
まだ中絶してから10日ほどしか経っていないのですが。。。
この経験で私に大きな心の傷と体の傷を受けました。
向こうは5つ上だったのですがまだ大学生と言う身分で
私も本来なら高校3年生ですがフリーターをやっていて収入も曖昧。
そしてまだ18歳と言う年齢・・・・
どう考えても「産む」と言う結果が出せず結局、中絶すると言うことで話はまとまったのですが・・・

それまで、私は避妊に関してほとんど無知で消極的でした。
男の人がコンドームをつけてくれれば大丈夫だし、
つけなくても大したコトでは妊娠しないだろう、
妊娠しても堕ろせばいいだろう・・・と簡単に考えていたのです。
前の彼氏のときはほとんどコンドームをつけずに性行為に及んでいましたが
奇跡と言うかなんと言うか・・・・今では本当に怖いコトだと思うのですが妊娠はしませんでした。
なので今の人とも妊娠なんてすることはないだろう、と変な自信があったのです。
今の相手とは遠距離で、11月に会いに行った時に
あまりよく覚えていないのですが・・・・・
ゴムはつけたりつけなかったり・・・最初からつけてなかったりした時に妊娠したようです。
本当に当然と言えば当然のことですよね。
今まで考えていた自分の浅はかさが恥ずかしいです。
妊娠してから気付きました。
避妊の大切さ、命の尊さ・・・・
できた→堕ろす なんてコト簡単に出来るハズないのに。
堕ろすと言う答えを自分で出しても毎日泣いて暮らしました。
日が経てば経つほど自分の子供が愛しく思えて・・・・
色んな辛い事も自分独りで耐えました。
結局、遠距離だった相手は一度もこっちに来てくれることもなかったのです。
親にもこんなことが言えるはずもなく・・・
手術にも独りで行きました。
そこで今まで独りで耐えたことが限界を迎えたのでしょうか。
手術台に上がるなり血圧低下と不整脈で一旦手術は中止・・・・入院という事態を引き起こしてしまいました。
痛くて痛くて。辛くて。赤ちゃんが可哀相で。。。
赤ちゃんの為にも自分の為にも二度とこんな望まれない妊娠はしてはいけない・・・そう思いました。

術後、数日してからネットでこのサイトを見つけました。
それまで「ピル」と言う避妊方法は頭にあったものの、具体的にはどうゆう薬なのか・・・
等、全く知識はなかったので ただ副作用が怖いらしい・・・とかそうゆう印象しかありませんでした。
このサイトを読んでからは、
世界中の女の人が服用してると言うこと
どうゆう成分でピルで避妊が出来る・・・等イロイロな知識を得ることが出来ました。

今日、術後の検査で病院に行きました。
その時に、勇気を出して先生に相談してみました。
先生は快く受け入れてくれ、
まだ中絶後、一度も生理が来てないのでその生理の次の生理くらいから飲み始めてみましょう・・・
と言うことで話がまとまりました。

これからも、好きな相手と続けていく為。
望まない妊娠を避ける為。
絶対避妊は必要ですよね。
中絶・・・と言うことで計り知れないダメージを受ける前に自分で確実な避妊をするべきだと思うようになりました。
先生にピルのことを言う勇気を与えてくれたのはこのサイトです。
まだ飲み始めていないし、結果 拒否反応等が出るかもしれません。
先のことはわからないけれど、それでも今まで無気力になっていた自分に少し勇気が出てきました。

またピルを飲み始めたら報告させてもらいますね(^-^)
本当に有り難うございました!
これからもこのサイトを頑張って運営していってくださいね☆

それではつたない文な上に長々と書いてしまいましたが・・・読んでもらえれば幸いです!



このページ上へ

赤ちゃんは、私達二人の準備がちゃんと整ってから  海様 23歳 フリーター

初めまして。
私は、23歳のフリーターです。
今日初めてピルの事を調べ、こちらのページを読みました。
私には現在、付き合って10ヶ月の彼がいます。
彼とは、今までマイルーラを使っていましたが、販売中止になってしまったため、別の避妊法を探さなければならなくなりました。
私も彼もコンドームは苦手なので、「ピルという薬を聞いたことがあるぞ。
調べてみよう」ということになり、こちらのページに出会ったのです。
rurikoさんのページは細かい項目に分かれていてとても読みやすいし、詳しく書かれているので大変勉強になります。
私は今の彼に出会う前に別の男性と付き合っていたのですが、その時に相手の男性が避妊を面倒くさがり、私も「ま、いいか」と間違った判断をし、その結果望まない妊娠をしました。
私はその時は彼に夢中で結婚したいとまで思っていたのでもちろん産みたかったのですが、経済力を理由に中絶をしました。
そして、両親を泣かせました。自分の判断ミスとはいえとても辛い経験でした。
時間が経った今でも、赤ちゃんを見ると、自分の経験した事の全てを思い出し涙があふれてきます。
本当に本当に辛いです。
今付き合っている彼には、隠し事は一切せず、私の中絶の経験も全て話しました。
彼は私の気持ちを受け止めてくれ、必ず避妊をしてくれます。(このページで殺精子剤の避妊率の低さを知ってビックリしました。今まで彼と私がしてきたことが、こんなにも不正確なことだったとは。)
これからは、ピルを使ってみたいと思っています。
赤ちゃんは、私達二人の準備がちゃんと整ってから迎えたい、と彼と話しています。
今度、このページに載っていた医院へ行ってみようと思います。
費用は、彼とワリカンにするつもりです。(笑)
このページに出会って、いろいろな人のメールを読んでとても感動しました。
命のことを大切に考えているカップルが、こんなにたくさんいるんだ、って。
とても素敵なことだと思います。
最後に。
これは私個人の意見ですが、自分の体の中に新しい命が芽生えるということは、とても嬉しい感覚です。
もし、これを読まれる方で避妊をしていない方がいたら、もう一度、新しい命について考えてみてほしいです。
(何事も、経験しないと解らない部分がありますが。)自分の赤ちゃんを自分の手で殺すことになる前に、ちゃんとした避妊を考えてほしいと願っています。
長くなってすみません。また来ますね。では。



このページ上へ

娘が年頃になったら、  星子様 30歳 家事手伝い

rurikoさん、いつも大変お世話になっております。
私は30歳の現在は無職、3年前に離婚して一人娘を連れ実家に暮らしています。
家が自営業なので、家事手伝いをしながら子育てしています。

私は離婚後、避妊と月経困難症、月経過多症の緩和のため、ピルを飲み始めました。
私は17歳の時、左の卵巣に腫瘍が出来、左卵巣全摘、右卵巣を3分の1程度、
切除したことがあり、それから格段に生理痛がひどくなりました。
子供を産むと生理痛はマシになる。
よくそんなことを言いますし、医師も「楽になるかもなぁ」と言ってくれていたのですが、残念ながら、悪くなってしまうという結果でした。

低容量ピルが日本でも認可され、私は正直詳しい知識もないままに、ピルに飛びついてしまいました。
そのころの私はパソコンがまったく触れなかったですし、勿論rurikoさんのHPの存在も知りませんでした。

私がもっと真剣にピルに取り組んでいたら、こんなことにはならなかっただろう。
そんな出来事が、今年の夏前、起こりました。

その当時、私は仕事と子育てに忙しく、ピルを病院に貰いに行くということを2ヶ月怠ったのです。
1年付き合っている恋人がいて、勿論その間セックスもあって、でもコンドーム は私がゴム負けしてしまうという理由で、膣外射精という、避妊にもならない行為を繰り返し、妊娠したのです。
自分達の馬鹿さ加減をいくら嘆いても、その事実は変わりません。
その頃の私達は、とても子供を育てられる状況ではなく、私は死にたい思いで人工中絶手術の手続きをしました。

そして、事故が起こったのです。

手術中、医師が私の子宮に穴を開けてしまったのです。

激しい痛みは、私を麻酔から引き摺り起こしました。
今まで体験したことのない痛みです。
身体中が痙攣を起こし、冷たくなっていくのが判りました。
このまま死ぬのだと、
罰があたったのだと、
お腹の中の子供の痛み全てが、自分に降りかかっているのだと思いました。

私は救急車で大きな病院に転送され、手術を受け、子宮は取らずに済みました。

ベッドの上で、私は自分がどれだけ愚かだったか思い知りました。

自分で防御できることだったのに。

退院して、友達の勧めでパソコン教室に通い、このHPに辿り着きました。
世の女性全てにこのHPを見てもらいたい!!
そう思うほど、ここに書いてあることは大切なことでした。
ピルを飲んでいる人、飲もうかと悩んでいる人、
偏見を持つ人、
すべての人に読んでもらいたい!!

大切なパートナーがいる人、気軽にセックスしてしまう人、どんな人にも、私のような事故にあって欲しくない。
本当に恐ろしくて、痛くて、周りの人を苦しめました。
どうか、中絶の危険性を、もっともっと判ってほしいのです。
いろんな事情があって、妊娠しても生めない人はたくさんいるでしょう。
とんでもない事情で妊娠してしまった人もいるでしょう。
だからこそ、皆にピルという、自分の身体を自分の意思で守れる薬があること、
知ってもらいたいし、ピルのことを理解して服用してもらいたい。
強制的に失われてしまう生命を減らしてもらいたい。

感情的なことを長々と書いてしまいました。ごめんなさい。
でも、私がこのHPを通して、より一層ピルの大切さを知ったこと、お伝えしたかったのです。
今はピル服用を再開しました。
嬉しいことに、生理痛も大変楽になりました。

世の中に、ピルのことがもっと理解されて広まるといいのに。
そう願って止みません。

中絶は普通分娩の4倍の危険性があることも、皆さんに知ってもらいたいです。

私には娘がいます。
大切な娘です。
娘が年頃になったら、ピルのことも話をしていきます。
勿論、あまりに若年のうちから勧めたりはしませんが、
中絶の恐ろしさは伝えたいと思います。

これからも、rurikoさんのHPがたくさんの女性の悩みを解消してくれる と思います。
勿論、わたしもお世話になることでしょう。
いつも助けてくださってありがとうございます。
頼ってばかりで申し訳ないです。
でも、たくさんの女性に、このHPを知ってもらいたいです。

長々と乱文で失礼しました。
もう年が変わろうとしていますね。
良いお年をお迎えくださいませ。


このページ上へ

とても自然な事だった  Koko様 24歳 会社員

ピルについてのHP、興味深く読ませていただきました。私もピルについて、言いたい事があったのでメールをさせていただいています。

私がはじめてピルを飲み始めたのは約3年前、アメリカに住んでいたときです。今の主人と付き合い始めた頃だったのですが、いちど「妊娠したかも?」とドキドキした事がきっかけでピルを飲み始めました。

当時の私はピルのついては全く無知でしたから、まず大学にあった(当時の私は学生でした)学生向けのクリニックに相談に行きました。そこで、避妊のクラスを取るように進められました。そのクラスは2時間ぐらいのクラスだったのですけど、ピルを含めたいろいろな避妊法について学ぶ事ができました。

もちろんピルについても詳しく教えてくれました。どんなメリット、危険性があるのかなどです。るり子さんのHPに負けないくらい丁寧に教えてくれました^O^

ピルを飲み始めてからは、大げさかもしれないけど、私の人生はとてもラクなものになりました。まずなによりも、当たり前だけど、妊娠の心配をしなくてよくなったこと。自分でも驚いた事に、私はとても真面目にピルを毎日飲むことができたので、妊娠の心配はほとんどしなくなりました(夜寝る前の歯磨きのときにのむようにしています)。妊娠の心配をしなくていい,ということがこんなにいい事だとは知りませんでした。
それに、生理痛に苦しまなくてよくなったのはすごく嬉しかったです。副作用もほとんどありませんでしたし。

ここ数ヶ月ぐらい事情があって、主人と離れて暮らしているので、ピルを飲むのをやめていましたが、また来月から飲み始めることにしました。また主人と一緒に暮らせる事になったし、やっぱり生理痛に苦しむのがいやなので。

ダラダラとかいてしまいましたけど、私は言いたいのはピルを飲むということは私にとってとても自然な事だったし、なんの抵抗もなかったということです。アメリカでは、日本のようなピルに対する偏見はありません。多くの女性が当たり前のようにピルを飲んでいます。コンドームと同じようにピルも避妊の方法として受け入れられています。日本も早くそうなってくれればいいのに、と思います。

長々とかいてしまって申し訳ありません。



このページ上へ

ピルを選択するまで  あやこ様 21歳 学生

現在付き合って1年近くになる恋人がいます。
彼は25歳の社会人です。
避妊には積極的で、毎回自分からコンドームを使っています。
低用量ピルのことも話しあったのですが、副作用と飲み忘れが心配とのことでした。

先日コンドームが膣内に残ってしまったときは、
緊急避妊という方法を知らなかったようなので、私から簡単に説明をし、
その後ホームページを印刷させていただき、彼に渡して少し勉強してもらいました。
私自身まだ子どもを持つつもりはなく、彼もその準備はできていないとのことだった
ので、
もし、緊急避妊にも失敗して妊娠した場合には、中絶するというところまで話し合い
ました。

できれば彼に付き添ってもらいたかったのですが、急だったため仕事が休めず、
私が一人で行くことになりました。
婦人科に行くのも初めてでしたし、妊娠の心配もあって少しドキドキしました。
先生は親切でしたし、とくに嫌な思いをしたということもありませんでしたが、
薬の副作用がひどかったこともあり、私の神経が過敏になっていたためか、
「もう行きたくない」というのが正直な感想でした。

その後もう一度恋人と話し合い、低用量ピルを飲むことに決めました。
副作用については心配することはないことを理解したようですし、
飲み忘れは彼が電話でチェックしてくれることになりました。

彼の仕事がお休みの日にあわせて病院にいってきました。
病院には一緒に行かず近くのお店で待っていてもらったのですが、
それだけでもだいぶ安心できました。
内診や超音波写真、性病の検査などしてもらいました。
必ずしなくてはいけないということはないそうですが、
学校の健康診断などでは、わからない範囲のことなので、
いい機会だと思い私は受けることしました。
その際保険の適用内での検査にしてくれるとのことで、
初回の費用は薬代を含めて約¥8000で済みました。

時間を作ってふたりでHIVの検査にも行く予定です。
彼は風俗に行った経験があるので、正直不安を隠せないようです。

ピルをのむという選択をすることで、
自分の体についても少し詳しくなれそうですし、
これからも勉強していきたいと思います。



このページ上へ

天国の赤ちゃんの為にも  ふみえ様 24歳

初めまして・・・24歳のふみえって言います。
いつもrurikoさんのHPを見せてもらっていました。

実は私、先月中絶をしました。それはそれは辛かった出来事でした。
それまでは中途半端な避妊でしたから・・・。
彼と「ピルの相談」をしていた矢先のコトだったんです・・・。
でも、私だって”ピル”って怖いイメージがあるし・・・
もしも妊娠できなくなったりしたらどうしようって、なかなか踏み切れずに いたんです。そんな時、妊娠、中絶を味わってしまったんです。
こんなコトだったらもっと早くピルの勉強をしておけばよかったと後悔しました。
で・・rurikoさんのホームページに辿り着いたんです。

今日、中絶してから初めての生理が来ました。
すごく嬉しかった・・・と共にこれからはピルを服用しようと決めて、
病院に行く前rurikoさんのホームページをじっくり観察し、
さっき病院から帰って来ました。なんとなくホッとしたような・・・
これから飲むのでドキドキしているような・・・。
でも、これからは大人の女としての自覚ある行動、自分の人生の為にもピルとおつき合いさせてもらえたらって思います。
(でも・・・まだまだ不安なんですけど・・・正直。)
rurikoさんのホームページを見て、いろんな人の意見などを見ると、
同じ思いをしているのは自分だけじゃない!と本当に励まされました。

そして、生まれ変わって来る天国の赤ちゃんの為にも、
二人で頑張って行きたいと思います。

これからもrurikoさんのホームページでたくさん学ばせてもらいたいと思うので・・・
このホームページでたくさん救われました。
rurikoさんも頑張ってくださいネ!!

長文、乱文ごめんなさい(>_<)



このページ上へ

私たちの年代だからこそ  いちごベイビ様 18歳 高校生

こんにちは!!初めまして、+いちごベイビ+です。

ここのホムペはとっても解りやすくって、とっても助かりました!!
えっと。。私は今高校生です。
ピルも、昨日から、また飲みだしました。(一度飲んだのですが、一回中断し、またtry♪)

一般的に、あたし位の年令の子がピルを飲んでいる、ということは、
きっとあまり良くはとられませんよね。
お医者さんでも、言われました。「あまり若い子には勧めないんだけどね」と。。(笑)
でも、、あたし位の年代だからこそ、必要なんじゃないかなって思うんです。
あたしの周りには避妊せずにセックスをしている子がたくさんいます。
「大丈夫なの?つけてもらうとか、しなくちゃ」って言うと、
「今までも大丈夫だったし。。みんなだいじょぶって言うし」と言うのです。
それは、すっごく甘えた、危険な考えだと、あたしは思うんです。
妊娠して当たり前のことをしているのに、たまたま妊娠しなかっただけなのだ、
とあたしは思うんです。
もし、妊娠したら、どうするのか、今の年令。。経済力も、世間に対する知識も大して無い、高校生という身で、過信によって起こってしまったことを、どう責任をとれるのか、、、。
ONE NIGHT LOVEだったら、なおさらなのに、、、。

あたしは、別に、「エッチ好き」とか、あたしはあまりいい言葉じゃないと思うから好きではないのだけれど「やりまん」っていわれる行動をする子、悪いとは思いません。
したいことに、正直なだけじゃない。可愛いじゃないって思います。

女の子として生まれた、丸みをもった、やわらかい、可愛いカラダ。そのカラダで誰かと抱き合いたい、たくさん抱き合いたい、って思うこと、すごく可愛くて、素敵なことだと思うんです。
でも、それには、自分で自分のカラダを大切にしていく為の方法をきちんと解っていて、なおかつ、その方法を使って、自分のカラダを大切に出来なくちゃ、いけない。そう、思います。
それが出来ないで、カラダの欲求に正直になっても、その後に大きなリスクが必ずあると思うんです。

だから避妊方法をしっかり知って、実践することが大切だと思うんです。

でも、、あたしはそうだったのですけど、ピル以外の避妊法で有力なコンドームをつけても、不安なんですよね。
毎回セックスをするたびに、帰りに薬局で買って、すぐに検査。。という状況でした(苦笑)。
(ここのホムペで知ったのですが、すぐに検査しても、妊娠反応は出ないのですね。あたしは何をやっていたのかしら(笑))
本当に「陰性」であることを、検査時間、三分の間、ずっと祈っていました。
毎回生理が来ると、ものすごく安心したり、、また、「妊娠しているかな」と不安になることによって、生理を遅らせてしまうこともしばしば、、。

そんなことをしていて、正直、疲れてしまったんです。

抱き合いたいのに、拒んでしまう自分。。そんな自分がすごくイヤでした。

そこで、ピルを飲もうと思ったんです。
今は、ティーン誌でも結構、ピルを紹介しているんですよ。
やはり、ティーン年代でセックスをすることがほぼ当たり前になったからでしょうか。

そして、産婦人科に行き、診察を受け、ピルを処方していただきました。
副作用は、いまのところ、ほとんどありません♪

もちろん、ピルを飲んでいるからといって、コンドームなしで、セックス、ということは、絶対にしません。
うーーん、、やっぱり妊娠ということは、とても大きなことだと思いますし、ピルを飲んでいても時には妊娠してしまうこともありえないことではない。それに、性病も、予防する上で、ゴムは、きちんと付けてもらう、そう、思うんです。

大分話がそれてしまいましたが、、私たちの年代から、本当にピルについての正しい知識を持つことが必要だと思います。そして、まだ責任は両親に委ねられている年代だからこそ、責任ある性に対する行動をとるのに、ピルは飲むべきではないのかな、と思うんです。
若い人にこそ、勧めるべきだと思います。

本当に、抱き合うことを楽しむためにも。

。。何か、長々と、ごめんなさい**
熱くなってしまって、、、(笑)ふふ*

あたしはこれからピルのある生活を楽しめたらいいな、と思います♪

るりこさん、ここのホムペは、ピルに対して不安、心配な方を、すっごく助けていると思います。
実際私も、お医者さんでは聞けなかったこと、ピルの説明書にも書いていなかったこと、、でも、知りたかったことを、知ることが出来ましたもん!

るりこさん、ずっとこのホムペ持ち続けていて欲しいです♪
、、、るりこさんは、お医者さんとかではないのですよね。。??
知識がすごいので、、、ちょっと思ったのです(笑)
実はピルライフの方に、投稿させていただこうと思っていたのですが、、、思いがけず熱くなり(笑)今ので、投稿しようとしたこと全て、書いてしまいました(笑)。
よろしかったら、このカキコを、そちらに掲載していただけないでしょうか。。??掲載していただけたら、とてもうれしい限りです。
自分なりに、思うこと、伝えたいことを書けたと思いますので、、。

ちなみに、いちごは茨城在住の高三です*

また遊びにくることもあると思いますが、そのときはどうぞよろしくお願いしますね♪ここのホムペ、すきっ♪

ではでは、長々と乱文ごめんなさい*
最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪



このページ上へ

あんなに心配してたのに  なつみ様 26歳 会社員

私がピルを考え出したのは、ピル解禁になって、
生理痛に効くから飲んだら?と母が軽くいった一言です。
はじめは、怖かったし、悪い噂も聞くし、
結局飲みはじめるまで、1年以上もかかりました。
今は2ヶ月が終わるところです。
色々なサイトや本も読みました。
勇気を出すきっかけは、このホームページでした。
思いきって病院に行って、・・・。
私は色々理由やお説教をされるのかと嫌な気分で行ったら、
何も余計な事は聞かずに処方してくれたので、
安心しました。
飲み始めて、全く何も副作用はありません。
体重も変わらないし、気分も悪くならないし、あんなに心配してたのに、
なんか拍子ぬけしてしまいました。
生理痛は1日目は相変わらず少しありますが、二日目はもういたくありません。
あんなに苦しんでいたのが嘘みたいです。
彼とも話合い、
「赤ちゃんは、望んで望んでやっと生まれてくるほうが良い」
「今は妊娠しないようにしよう」
ということになりました。
この話合いも、ピルを飲むきっかけでした。

でも、本当に薬1つでここまで、毎月気分が軽くて
嬉しいです。もちろん、副作用がある人もいると思いますが、
でも、プラスのほうが私個人としては多い気がします。
では



このページ上へ

私の恋愛と学び:ピルとは自己責任  ピーコ様 33歳

私は、33歳になる、独身女性です。31歳で中絶を経験するまで、妊娠というものが自分の責任で解決できるものだとは思っていませんでした。当時の私にとっては「セックスする」=「愛の証」=「代償として妊娠の覚悟をする」でした。その思いはいわば、罰のように私に付きまとっていたと思います。20代に彼とセックスをするときには、コンドームをつけていましたが、それで安心、という気がしたことは一度もありませんでした。いつもこっそり妊娠検査薬をハンドバックにしのばせて、「陰性」の判定に宝くじのように賭けていました。

その彼氏とも別れてしばらく経ってからのことです。私はある男性と知り合いになり、それが1世1代の恋なのだ、と自分で思いこんでしまいました。その彼がいるなら地のはてまでもついていこう。それが当時の私の心境でした。だから、ゴムなしセックスにだってちっとも疑問を持っていませんでした。彼が、総てを理解し、私を包んでいてくれる…。そんな錯覚に囚われていました。彼は私を抱いて何回も、何回も、イキました。こうするのも、この人は私を愛しているからなのだ。この人なのだから、何が起こっても大丈夫…もし妊娠したら産もう、そう私は勝手に心に決めてました。彼の心などつゆ知らず。

そして、妊娠を知ってからのことです。そのことを丁度告げようと思っていると、彼は8歳になる子供がいることを話しだしました。私にとっては、もちろん晴天の霹靂です。そして、事情が許さないのでおろしてくれ、と懇願されました。私たちの子供がいたらどんなにかわいいかを語りかけていた人が、現実を目の前に豹変するのを見て、どんなにか私は傷ついたか分かりません。しかし、彼が「父親」としての義務を果す気がないことは明らかでした。私がばかを見たのだ…そう思って、私は中絶しました。はじめての妊娠でした。あの子が幸せに育つことに確信が持てれば、産んだでしょう。産まれてくれれば慈しんで育てただろうと思います。

中絶して四ヶ月後、彼には離婚調停中の妻もいたことが分かり、私はぼろぼろになって別れを告げました。私としては、そこで、どんな愛情も萎えてしまったのです。

そんな中、今の彼に出会いました。彼は、はじめてベッドインするときに「セックスするつもりで、コンドームも面倒くさかったら、ピルを飲んで」と、私にあらかじめいいました。中絶を経験した私にとって、彼のそのぶっきらぼうな言葉・態度がどんなに優しく、愛情深く感じられたか、とてもここに書き表すことは出来ません。本当の優しさは、こういうところにあったんだ、と彼の言葉がしみました。(もちろん、彼の身勝手もあるんですが、その彼の身勝手は、私の身勝手でもあるわけですから、おあいこだと思っています。)その彼のお蔭で、私はやっと、過去に責任逃れをしてきた、自分の現実を見ることが出来たと思います。自分の行動に責任を持つ、ということがどういうことか、やっと少し自分で分かってきたような気がしています。

「子供は天からの授かりもの」。そんなことが無邪気に信じられていた昔の人々は幸せでした。今の私たちはあまりに多くのことを知り過ぎ、色んな行動をするようになっていています。婚前交渉も今や当たり前に行われています。本当は、「子供は、自分たちが産みたい、という意思と責任に基づいて判断するもの」と、考えることが当たり前なのだと思います。

わずか0.5%という妊娠率のために正しくピルを飲むことは、セックスをする、という自分の選択に対しての、まあ納得できる、一つの責任の取り方です。無責任なセックスの結果、中絶という経験をした私は今、そうやって責任を取ることの大切さを、日々実感しています。



つづきはこちらです。

このページ上へ















小さなつぶやき、大きな一歩

   



このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved