緊急避妊薬の入手と服用(4)
緊急避妊薬の効果

 

400万人の緊急避妊法へ戻る / ピルとのつきあい方HOME


妊娠リスクを3/4に低減

緊急避妊薬を服用すると、どれほどの効果があるのでしょう。
緊急避妊薬の効果の評価は簡単なようで実はかなりむつかしいのです。
ここでは、大雑把に緊急避妊薬の効果を説明しましょう。
無防備な性交渉があり何もしなければ、
約8%に妊娠が生じます。
図では8%のラインに横線を入れています。



緊急避妊薬を服用しても妊娠する人がなくなるわけではありません。
緊急避妊薬を服用しても妊娠する比率を青色のグラフで示しています。
5日以内に服用すれば、いずれも妊娠率は8%よりも低くなります。
この8%より低くなった部分が、緊急避妊の効果です(紫のグラフ)。
無防備な性交渉から3日以内に服用すれば、
約2人が妊娠します。
8人の内6人は緊急避妊により妊娠を避けることができたので、
妊娠回避率(緊急避妊薬の効果)は75%と考えます。
無防備な性交渉から服用までの時間が長くなれば、
妊娠回避率は低くなります。
しかし、5日目までであれば8人妊娠することはないので、
一定の効果があると考えます。

緊急避妊薬の入手と服用

 妊娠リスクの検討
 迷わず産婦人科に行く
 緊急避妊薬の服用と服用後
 緊急避妊薬の効果

400万人の緊急避妊法へ戻る / ピルとのつきあい方HOME
 































このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved