なぜピルで避妊できるか?
ピルを選ぶ(2)

 

避妊薬ピルとはどのような薬かへ戻る / ピルとのつきあい方HOME


エストロゲンの用量と活性


中用量ピルは強いピルで、低用量ピルは弱いピルという印象があります。
しかし、中用量ピルだから必ず強いとは言えません。
(実際に強いピルもあります)
かつてメストラノールを使用した中用量ピルが、
多くありました。
メストラノールは、シングルウィスキーを水で割ってダブルにしたようなものです。アルコールの量はシングルなのに、水割りにして見かけはダブル。
中用量ピルだと副作用が出ないのに、
低用量ピルだとかえって副作用が出るという方がいます。
このように話が混乱するのは、
見かけの用量で中用量ピルというジャンルわけをしているためです。
そもそも、中用量ピルは治療用のピルなどと言っている国はありません。
どこの国でも、全てのピルは避妊薬です。
避妊薬ピルに治療用とか避妊用とか、
奇妙なジャンルを作るピル村神話から脱しましょう。

 ブランド別エストロゲン用量と活性
ブランド 種類 用量mcg  *
活性※  *
ソフィアC  ME  100   
55 
プラノバール EE 50  
50   
トリキュラー
アンジュ
EE  40   
40   
オーソM
ルナベル
EE 35   
35   
オーソ777
白色・淡橙色・橙色 
EE 35  
35   
シンフェーズ  EE 35   
35   
トリキュラー
アンジュ 
EE 30   
30   
マーベロン
ファボワール 
EE  30  
30  
ルテジオン  ME  50   
27.5    
ソフィアA  ME  50    
27.5 
ヤーズ  EE  20   
20   
EE:エチニールエストラジオール ME:メストラノール
※活性は単位重量のEEを1とする相対活性に、用量を乗じた数字。
メストラノールのエチニールエストラジオール転換係数は、0.55とした。
ノルエチステロンのエストロゲン活性は、+で表記した。





 自分に合ったピル
 エストロゲンの用量と活性
 黄体ホルモンの強さ
 アンドロゲンの強さ
 ピル選びのヒント



避妊薬ピルとはどのような薬かへ戻る / ピルとのつきあい方HOME
 




















このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved