避妊薬ピルの副作用と副効果
血栓症のリスク(4)

 

避妊薬ピルの副作用と副効果へ戻る / ピルとのつきあい方HOME


こんな血栓症の兆候に注意


前のページにも書きましたが、
日本人では深部静脈血栓症は非常に稀な病気です。
しかし、心配な症状があれば、
早めに循環器科を受診しましょう。

1.深部静脈血栓症の発症時
深部静脈血栓症の発症時には、自覚症状のないことが少なくありません。
大腿から下の脚に発赤のあることや痛みのあることもありますが、
必ず現れるわけではありませんので、
発症時に気づくことはむつかしいでしょう。

2.深部静脈血栓症の症状(その1)
太い静脈の血流が遮断されるとふくらはぎが腫れて、
痛み、圧痛、熱感などの症状が現れます。
足首、足、あるいは太ももが腫れる場合もありますが、
これはどの静脈に血栓が形成されたかによって異なります。
痛みは鼓動に合わせたズキンズキンとした痛みのことがあります。
これらの症状は必ず現れるわけではありません。

3.深部静脈血栓症の症状(その2)
静脈で作られた血栓が血流により肺などに運ばれると、
重篤な症状が現れます。
血栓は肺の動脈を塞ぐことが多く、
鋭い胸の痛みは一つのサインです。
痛みは特に息を吸う際にひどくなります。
血液の混ざったたんを伴うせきが出ることもあります。
肺の機能が低下すると、突然起こる息切れがみられます。
酸素の供給が不足するため、めまい、失神、けいれんが起きることがあります。
また、指先や唇などの皮膚が青っぽい色に変化することがあります(チアノーゼ)。

4.(参考)表在性血栓静脈炎
皮膚に近い静脈で血栓と炎症が起きることがあります。
これを表在性血栓静脈炎といいます。
表在性血栓静脈炎では局所的な痛みと腫れが急速に現れ、
炎症を起こしている静脈の周囲の皮膚が赤く熱っぽくなり、触れるとひどく痛みます。
表在性血栓静脈炎で重篤な血栓閉塞症が生じることはまれです。

メルクマニュアル家庭版の以下の項目を参照のこと。
深部静脈血栓症http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec03/ch036/ch036b.html
肺塞栓症http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec04/ch046/ch046a.html




緊急に受診が必要な症状一覧


@ 息を吸う時により痛い鋭い胸の痛み。
A 息切れ。
B 吐血。
C 痛みを伴う足の腫れ。
D 足や手の脱力・無感覚または針で刺すような痛み。
E 激しい腹痛。
F 失神・卒倒。
G 普段より激しい頭痛・片頭痛。
H 突然の舌のもつれや視力障害(特に片目のかすみ)。
I 黄疸(皮膚や目)

以上の症状の1つでも現れた時は、すぐに受診します。
最も好ましいのは循環器科ですが、
早く見てもらえる病院を優先して下さい。
視力障害についてだけは眼科優先。


血栓症とは
血栓症の頻度
第3・第4世代ピルの血栓症問題
こんな血栓症の兆候に注意
網膜静脈血栓症/網膜血管病変
血栓症のリスク評価とガイドライン



避妊薬ピルの副作用と副効果へ戻る / / ピルとのつきあい方HOME
 





















このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved