経口避妊薬ピルの服用法
図説 ピルの飲み忘れ(9)

 

ピルとのつきあい方HOME

ピルの服用法へ戻る

秘密の服用法

ピルは排卵を防ぐ薬です。
排卵を防ぐことによって避妊効果がもたらされます。
排卵リスクを低くする方法にはバリエーションがありますが、
基本は共通しています。
これは治療目的でピルを服用する場合も同じです。
卵胞が大きく成長すれば排卵しないまでもエストロゲンが分泌されます。
エストロゲンが分泌されれば、治療目的でピルを服用する意味が失われます。
卵胞を成長させないで排卵リスクを避けることは、
避妊目的でも治療目的でも全く同じ事です。
だから、治療目的の特別の服用法などは存在しません。
ところが、ピルの治療薬化・半治療薬化を企てている人たちは、
治療目的での服用には、「秘密の服用法」があるかのような幻想を振りまいています。
ピルの服用は科学に立脚すべきです。
医師を魔術師にしてはいけません。

※ピルを避妊薬として使用する場合、避妊薬ピルのガイドラインの拘束があります。
ピルを治療目的で使用する場合、ガイドラインに拘束されません。
そこで避妊目的で使用する場合には、
妊娠リスクを高めるガイドラインの飲み忘れ対処法が推奨され、
治療目的で使用する場合には、
まともな飲み忘れ対処法が推奨されているケースがあります。
「治療目的で利用するユーザーだけには、本当のことを教えてあげるね」
といっているようなものです。


図説 ピルの飲み忘れ

 基本的な考え方
 半睡と完睡
 ピルを初めて飲むときの避妊効果
 休薬期間の延長
 服用第1週目の飲み忘れ
 服用第2週の飲み忘れ
 第3週の飲み忘れ
 ルールと例外
 秘密の服用法
 14日ルールと7日ルール

ピルの服用法へ戻る

ピルとのつきあい方HOME

 
 





このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved